MENU CLOSE

ご挨拶

代表ご挨拶

みなさん、こんにちは。国立がん研究センター社会と健康研究センターの藤森麻衣子です。膵臓がんに罹患された患者さん、ご家族は、日々の生活の中で、病気や治療と向き合っていらっしゃることと思います。その中で、疑問や心配ごとが生じることもあるのではないでしょうか。

そのため、患者さん、ご家族、医師の間のコミュニケーションが十分に行われるように、抗がん剤治療の初期から患者さん、ご家族、医師に対してコミュニケーションのコーチを行うことで、コミュニケーションが促進され、患者さん個々の意向に即した医療が実践されるかどうかを検討したいと考えています。このような取り組みにより、治療早期からお一人お一人の自由意思に沿った医療の提供を促す支援法が実用化し、患者さんやご家族の生活の質を高めることに繋がることを期待しています。

代表挨拶

 

共同研究機関研究責任者からひと言

国立がん研究センター中央病院   肝胆膵内科    奥坂拓志

国立がん研究センター中央病院の奥坂 拓志です。 膵がんの患者さんがよりよい治療を受けていただくためには、医師とのコミュニケーションがとても大切だと思います。この研究は、患者さん・ご家族と医師とのコミュニケーションが促進するためには何が必要なのかを明らかにすることを目指しており、私たちにとても重要な情報を与えてくれるものと期待しています。